絵本・童話作家

子どもが楽しめる物語を、絵を通して伝える絵本作家と、文章で伝える童話作家。絵本も童話も、最近は大人が読者になることも少なくない。想像力をふくらませるような絵や文章で、読んだ人の気分を楽しくさせたり、元気を与えたりするやりがいのある仕事だ。絵本作家は、絵と文章をどちらも表現するケースと、どちらかだけを表現するケースがある。絵を描くだけだとしても、読者の心を引きつける作品をつくるには、文学的な知識とセンスが必要だ。それを磨く手段として、日本語の表現やコミュニケーションの技術を学べる大学・専門学校に通うのも一つの手だ。プロとしてデビューする方法は、まずコンテストに応募して賞をとること。アマチュア向けのコンテストもある。ただし、受賞したら必ずプロになれるというわけではない。また、自分の作品を出版社に持ち込んでチャンスをつかむ人もいる。