WEBデザイナー

インターネット上のWEBページをデザインする人。効率よく伝えるための工夫や図案などが明確かつ効果的に伝わるように、視覚的に美しく使い勝手も考えて機能的にデザインをする仕事。WEB系企画制作会社は、ポータルサイト、ホームページ、ブログページなどを中心にデザインする会社や、バナー広告、広告・広報を目的とした特別なWEBサイトページを中心にデザインする会社、全般を手掛けている会社などさまざま。自らコンピュータープログラムを組んでWEBページをデザインする人や、WEBページ作成のパソコンソフトを使ってデザインする人がいるが、どちらにしても美術系の知識だけでなくデジタル系の知識も必要な仕事。そうした知識や技術は、工芸・工業高校、デザイン・デジタル系専門学校、美術系・情報系の大学などで学ぶことができる。グラフィックデザイナーと並行して仕事をしている人もいる。就職先は、WEB系企業の制作部門、一般企業のWEB系制作部門、広告代理店のWEB系部門、WEB制作会社、広告企画制作会社、WEBの仕事もしているグラフィックデザイン事務所など、デザイン業界では仕事の場が幅広い職種の一つ。フリーで活躍している人も多い。