カメラマン

目的に応じて人物や物、風景などを撮影する仕事。テレビニュースや新聞や雑誌で使われる写真を撮る報道カメラマン、広告に使われる写真を専門に幅広く撮るカメラマン、さらに戦場カメラマン、スポーツカメラマン、山岳カメラマン、フードカメラマン、風景カメラマン、鉄道カメラマン、動物などを撮るネーチャーカメラマン、記念写真や学校の行事に出かけて写真を撮ることを専門にするカメラマン、グラビアカメラマンなどかなり細かく分類される。それぞれが自分の得意分野を決めて撮影していることが多い。プロのカメラマンは、写真を撮り、その写真を「売る」ことで生活している人のこと。カメラマンになるために写真の知識や撮影の技術を学べる大学・専門学校はあるが、学校を出たからといって必ずプロになれるとは限らない。すでに活躍しているカメラマンの助手になり、その後独立し、出版社に自分の作品を持ち込む人。撮影スタジオの助手を経験し、独立する人。権威のある賞で入賞し、それをきっかけにプロになる人。また、撮影の専門会社や撮影部署のある会社に就職し、カメラマンとして働く人もいる。