演奏家

一口に「演奏家」と言っても、交響楽団に所属するオーケストラの団員もいれば、ギター、ベース、ドラム、キーボードなどの楽器をステージやスタジオで演奏するバンドマンもいる。また、自分で楽器を演奏しながら唄を歌う人、歌手の後方での演奏を専門にする人などタイプはさまざま。いずれにしても、性別や年齢は関係なく、必要なのは優れた演奏テクニック。さらに、音楽的な感性も豊かでなければならない。オーケストラの団員になるには、音楽系の大学で知識と技術を学び、楽団のオーディションを受けるのが一般的なコース。対してアーティストやバンドマンは、資格や学歴はまず必要なく、プロレベルの演奏テクニックがあるかどうかがポイント。演奏技術は、音楽系専門学校や有名な演奏家の先生につくなどして学ぶことができる。なお、楽器演奏のテクニックがそれなりのレベルであれば、得意な楽器のレッスン教室を開くなど「教えるプロ」になる道もある。