映画監督

脚本、編集、キャスティング、演出、美術など、映画制作に関わるすべの行程に関わる作業を統括する責任者。ディレクターとも呼ぶ。監督自らが、脚本や編集など複数のパートを担当する場合もある。また、各パートの専門スタッフの意見を聞き、判断することが監督の業務だ。映画監督になるための専門知識や技術は、映画制作関連のコースが開設されている大学・専門学校で学ぶことができる。プロ映画監督になる道は、映画制作会社に就職してアシスタントから経験を積んでなる場合や、自主作品映画を権威ある賞に応募して入賞し、それをきっかけにプロの映画監督になる方法がある。また最初から映画監督を目指すのではなく、脚本家から映画監督になる人もいれば、テレビCMや舞台、テレビドラマの演出家から転身する場合もある。アマチュアのビデオ映画がプロの目にとまり、監督として採用されることもある。インターネットが普及し作品発表の場が増えている近年、そのチャンスは広がっている。