漫画家

その名の通り、漫画を描く仕事。自分でストーリーを考えるケースもあれば、原作者が別にいて絵づくりだけを担当するケース、あるいは出版社の編集者と共同でストーリーをつくりあげるケースもある。作品を発表する場は、主にコミック雑誌だが、新聞や一般の雑誌、そして自分の作品だけをのせた単行本の場合もある。また、自分で考えたストーリーではなく、企業のPR誌などに掲載する漫画づくりを仕事にする人や、書籍やカタログのイラストを描くことを副業で行う漫画家もいる。作品が大ヒットすれば高収入を得られる、夢がひろがる職業でもある。プロになるためのわかりやすい方法は、出版社主催の新人賞を受賞すること。あるいは、作品を出版社に持ち込み、編集者に認めてもらうという戦法もある。今や専門学校はもちろん、漫画の学科・コースを設置する大学もたくさんあるから、そうした学校で絵を描く技術やストーリーづくりのコツを学ぶのもよいし、現役漫画家のアシスタントとして働き、修行しながら実力を磨くのもよいだろう。個性的なストーリーをつくっていくために、日頃からいろいろな映画やドラマ、雑誌、本などに触れてセンスを磨くことも大切である。